インターピア株式会社

カプセルホテル管理システム

次世代型カプセルホテル管理システム

宿泊&デイユース(時間課金)に対応! カプセルホテル特化型POSシステム

特徴① 館内の自販機などは、成りすましが起きにくいICチップを使った後払い精算が可能。

カプセルマネージャーは、ユタカ電気の“キャッシュレスリーダーシステム”と連携しています。 館内にある 自動販売機 や 発券機 の利用料金を、後払い(お部屋付け)で精算できます。 複製されにくい“ICチップ”を使ったリストバンド運用に対応しています。
※バーコードタグを使用した自販機連携も可能です。

特徴② 予約サイトコントローラ“TEMAIRAZU”と連携し、料金プラン・個人情報を自動反映

カプセルマネージャーは、予約サイトコントローラの“TEMAIRAZU”と連携しています。 国内外の予約サイトから 登録された予約情報を、自動的に カプセルマネージャーに取り込みます。

特徴③ ネットカフェのような滞在時間に応じた料金計算(基本料金+延長料金)にも完全対応

日中の短時間利用者向けに、時間課金計算に対応しています。 カプセルマネージャーがあれば、 宿泊利用と、デイユース利用を、同時に管理できます。
例) 基本時間60分 500円、以降12分毎に100円を加算
  3時間パック 1,200円、以降12分毎に100円を加算
※ 自動的に最安パックを適用する“パック自動移行”にも対応

特徴④ 予約者には、情報記載済の宿泊台帳を印刷し、チェックインをスムーズに・・・

“TEMAIRAZU”から取り込んだ予約情報を活用し、 住所などの予約者情報が記載された宿泊台帳を カプセルマネージャーで生成することができます。
※宿泊者の記入箇所を減らし、チェックイン処理を短縮します

特徴⑤ コスモンド社製カプセルユニットと連携し、チェックイン時に自動的に電源ON。

カプセルマネージャーは、コスモンドの“カプセルユニット”と連携しています。 チェックインと同時に、該当カプセルの電源を自動的にONにします。
※ 未使用時には、該当カプセルの電源をOFFにします